スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Road to Japan (ベトナムから日本への検疫) -検疫準備 (4)-

2008年2月に入り,第2回予防接種から1ヶ月経とうとしています.そろそろ,ミーの狂犬病抗体検査の手続きを始めなくてはなりません.

抗体検査は,日本の農林水産大臣が指定する検査施設で受けなければなりません.アジアは日本のみで,(財)畜産生物科学安全研究所という機関のみです.

(財)畜産生物科学安全研究所

・検査は,検査費用の振込が確認されたら実施
・血液サンプルに振込を証明するものを同封

との事なので,検査費はインターネットバンキングで振込み,証明するものは振込み画面を印刷しました.念のため,それをpdfファイル化して,メール添付でも送っておきました.

検査費用等は,次の通りです.

狂犬病抗体検査費: 12000円
振込手数料: 210円

続く・・・


DSCN0008_convert_20090119002517.jpg

まだ,なんかやられるのか!
スポンサーサイト

【theme : ブログペット
【genre : ブログ

⇒comment

Secret

No title

支払などは簡単にできる仕組みになっているようですが、手順や検査自体等はなかなかややこしいみたいですね。
というより、手を抜けないことなんでしょうが、こうして飼い主さんと一緒に渡航できる動物は幸せだと思います。諸事情で海外へ出られる方は泣く泣く手放す方も多いようですね。

No title

コメント,ありがとうございます.

海外へペットを連れて行ったり,連れて帰るのは,その飼い主の努力次第だと思います.その命に対する人間の責任感が問われると思います.泣く泣くでも,里親を見つけてくれれば,良いのですが・・・・・.

ミーは,ベトナムの捨て猫でした.うちの庭に置かれていました.

こういう場合,「最後まで面倒見るか」 or 「見捨てるか」という判断が,人間に求められると思います.そして,私たちは,「最後まで面倒見る」 という選択をしました,

但し,人間にも責任が持てる限界があります.犬好き・猫好きの人は「見捨てられない,でも限界」という場合が多いと思います.保護して,里親を探している人もいらっしゃいます.

実は,最近手乗りサイズの仔猫が3匹が捨てられていました.タイミング的に日本に連れて帰れない可能性が高いで,「どうすれば良いか」と悩みました.幸い,3兄妹まとめて面倒見てくれる里親が見つかりました.ラッキーでした.

何を書いているのか,まとまりが付いていません.すみません.
プロフィール

あとさん

Author:あとさん
猫齢: 16歳
国籍: アメショだけど日本
性別: おじいさん猫
特技: 猫パンチ

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
放送中アニメの人気ランキング
FC2カウンター
仁王立ちだZE★霧雨魔理沙

まよねーず工場
検索フォーム
RSSリンクの表示
Link_1 (お役立ち)
Link_2 (ねこ)
Link_3 (その他)
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

やすらぎの癒し系名言集

presented by 地球の名言

話題のキーワードランキング
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。